プロフィール

日本の伝統文化である書道。便利な機械が普及し遠くなっていく昨今、少しでも多くの方に書の温かな良さを感じていただきたく制作しています。漢文や万葉集を書く事はすてきな事で奥の深いことです。終わりの無い難しい課題です。しかしそれだけでは書を近くに感じていただけないと思い独自のModern書Artを創作しました。温かく優しくわかりやすい…墨の淡い美しさ…皆様の心に届けば嬉しく思います。書は額や軸だけでは飾る場所にも限りがある。のれん、Tシャツ、扇子など日常生活の中に取り入れて楽しめる…そんな作品をそばにおいていただけたら、今より少し穏やかになれたり、ほっとしたり…と忙しい毎日の癒しのお手伝いができたら幸せです。

7歳から書道を習い1999年より教室を開設指導。
2006年の大阪御霊神社を初個展とし下記個展を順次開催させていただきました。

沿革

2012年 7月ケニア マサイ村 KISHERMORUAK OBAMA PRIMARY SCHOOLにて授業2013年7月フランス パリ ユベイユ補習校 にて授業

1999年7月 凜穂会教場を開設
2005年8月 凜穂会書作展開催
2005年11月 大阪セントラルパーク2005
(ラジオ大阪産経新聞主催)参加
2006年5月 大阪春めぐり(大阪城にて)揮毫 出展
2006年7月 第15回みやこの涼風展(京都クラフトセンターにて)揮毫
2006年10月 大阪水都ロマン 木積凜穂書作展 京の残り香modern 書 art in 御霊神社(初個展)
(掲載記事はこちら)
2007年4月 凛穂会書作展(第2回)
2007年5月 modern書art木積凛穂書作展(京都法然院)
(掲載記事はこちら)
2007年6月 大阪市開平小学校生涯学習講師
2007年9月 演劇「アルバトロス」題字
2007年10月 modern書art木積凛穂書作展(朝日新聞大阪本社アサコムホールにて)
(掲載記事はこちら)
2008年3月 「日仏交流150周年記念京都パリ姉妹都市盟約締結50周年記念スペシャルイベント」の「ルーヴル美術館における[京都。大阪]関西の伝統美」に、ルーヴル美術館ナポレオンホールでの展示に参加。
「関西の伝統美」パンフレット題字担当、ルーヴル美術館ナポレオンホールにて展示、 パフォーマンスをする。
(掲載記事はこちら)
2008年6月 東京白金「エスピラル白金」において木積凛穂書作展を開催。
2008年7月 大阪市中央区平野町「高宮画廊」において木積凛穂書作展を開催。
2008年9月 リーガロイヤルホテルにて講演会
「篆書で遊びませんか 絵のような文字たちの表情」
2008年11月 国際手書き文字ART展 文化創造倶楽部賞受賞
2009年1月 昨年11月「国際手書き文字ART展」での受賞作が、中国政府組織「ハルピン書法家協会」より『栄誉賞』を受賞。
2009年4月 modern書art木積凛穂書作展(キンシ正宗 堀野記念館)
(掲載記事はこちら)
2009年11月  フランスパリにてmodern書art木積凛穂書作展「愛ー心を結ぶ」
2009年12月 大阪経済ミッションとパリ市役所の交流会にてパフォーマンス(エスモード・パリにて)
2010年5月 「鯉のぼり2010」に出品
日仏文化センター主催  ユネスコ・在フランス日本国大使館後援
2010年6月 上海万博 日本館 作品展示
上海万博文楽公演パンフレット ポスター 題字揮宅
2011年4月 「遊筆町家 凛穂」にてオープニング個展「紡ぐ」
2011年10月 遊筆町家 凛穂にて modern 書 art と茶杓の二人展
2012年10月 遊筆町家 凛穂にて modern 書 art と 和紙の二人展
2014年11月 「心にのこる小倉百人一首」出版
2014年11月 東久邇宮文化褒賞受賞
2015年4月 東久邇宮記念賞受賞
2015年5月 パリ三人展

その他の掲載記事

2009年5月 御堂筋新聞にて掲載(掲載記事はこちら)
2014年5月1日 京都新聞掲載(掲載記事はこちら)
-年-月 ネッスルトゥゲザにて掲載 (掲載記事はこちら)

京町家という京都らしい空間で 墨を磨り 筆を走らせ 自分と向き合い書作品を創ることを軸に日本文化に触れ感じることにより 書道の魅力を知り心和む事を願い 心豊かに優しくなれる書を お届けする活動をしております。

 

LE MONDE DE LINSUI (木積凛穂のフランス語のサイトです)

スケジュール

ページの先頭へ